カテゴリー別アーカイブ: 歯周病

歯周病と全身との関係

こんにちは(^^)  藤島です。
今回は歯周病と全身との関係・「骨粗しょう症」についてお話します!

歯周病とは?

歯を支える歯茎や骨などの組織に、炎症などの症状が起こる病気です。
歯周病が悪化すると、歯を支える組織が壊れ、歯を失う原因になります。

骨粗しょう症とは?

骨密度の低下によって、骨がスカスカになる病気です。
骨粗しょう症になると、容易に骨折しやすくなるため、特に高齢者の場合は、
寝たきりにつながる原因となります。

歯周病をお持ちの多くは骨粗しょう症に!

〈残っている歯の数と骨密度の関係性〉
正常な骨密度の方の90%以上⇒残っている歯の本数が20本
骨密度が低い方の70%   ⇒残っている歯の本数20本未満
という研究結果があります。

また「歯周病の進行度骨粗しょう症との関係性」では、歯周病が進行している程骨粗しょう症の疑いが強いと診断される人が多いというデータもあります。
この結果から 『歯周病と骨粗しょう症の関係性はとても強かったため、歯周病を治療することが骨粗しょう症の治療にもつながる』 と考えられます。

歯周病と骨粗しょう症を予防するには?
歯周病・骨粗しょう症予防として、日頃からできる事をご紹介します(^^)

① カルシウムをしっかり摂る
カルシウムは不足しがちな栄養素なので、色々な食材から工夫して
摂るようにしましょう
カルシウムを多く含む主な食品:乳製品・小魚・大豆製品など

② イソフラボンを摂る
イソフラボンを摂ることも骨粗しょう症予防に効果的です
イソフラボンを多く含む主な食品:納豆・豆腐・豆乳・きなこなど

③ よく噛んで食べる
噛めば噛むほど唾液が分泌され、口の中の細菌を洗い流してくれるため、歯周病予防に有効です。

④ 禁煙
たばこ吸う人は歯周病になるリスクが高くなります
禁煙は歯周病予防にも、骨粗しょう症予防にも効果的です。

⑤ 歯のクリーニングを受ける
毎日の歯磨きをしていても、しっかり汚れが落ちていないこともあります。
そして、その磨き残しが歯周病につながることもありますので、歯科医院で
行っているクリーニングを定期的に受けるようおすすめします!(^^)

高齢者の歯周病とメインテナンス

こんにちは! みなさーん!!お元気ですか~

クレア歯科の花壇は只今花盛り~、我が家の花壇にも大輪の薔薇が咲いてくれました。
お花はいいですね!眺めているだけで心を癒してくれますね。

今回は「高齢者の歯周病とメインテナンスについて」です。

以前にもお伝えしましたように 超高齢社会まっただ中の現在、高齢になっても出来るだけ自分の歯で、食べたい物を美味しく食べていくことを目標に日本歯科医師会では“8020運動”を推進しています。
その結果、80歳で20本以上の歯が残っている人の割合は、平成23(2011)年歯科疾患実態調査において38,3%と以前の調査よりも高い割合を示しています。
その反面、残った歯に対して歯周病が増えるという、残念な結果も出ています。

*高齢者と歯周病*

歯周病の進行には、様々な全身疾患やそれに伴う後遺症で障害をもつことや薬の服用による影響も関係しています。

加齢による
・唾液量低下
・口腔内感覚低下
・舌の運動低下による自浄作用の低下
により、歯周病の原因となるプラークの蓄積が多くなります。
また、各臓器、免疫の機能低下が生じ、生体防御力の低下も起こります。
さらに筋力の衰えや運動機能の低下等により、歯磨き自体が困難になるため、歯周病が進行しやすくなります。

*高齢者とメインテナンス*

メインテナンスは、年齢に関係なく継続することが必要です。
セルフケア(家庭でのケア)とプロフェッショナルケア(歯科医院でのケア)により口腔内環境の維持をはかっていきます。
上記にお伝えしましたように、高齢期になるとご家庭でのケアが十分に行えない環境となってきますので、健康的な口腔内維持にはプロフェッショナルケアがより重要となります。

おひとりおひとりのお口の中の状態と、全身の健康状態を診査して
メインテナンスの期間や内容をご相談させて頂きます。

来院が難しくなった場合には、往診も行っておりますので是非ご相談ください。
お待ちしております。

untitled     untitled
   “我が家の情熱薔薇たち”                   “クレアのかわいい花壇“

あなたも歯周病かも!? 初期は自覚症状がありません!

こんにちは♪歯科医師の林です!

今日は歯周病のチェック項目をご紹介します。

歯周病が怖いところは初期の段階ではほとんど自覚症状がないことで、以下のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事が多く、歯周病に限らずどのような病気でも症状が進行すればするほど治療が難しく、長期間の治療が必要になり、最悪の場合抜歯しなければならないこともあるのです。

また歯周病だと自覚して歯医者に行かれる方は実は少なく、虫歯や口の中の異常を感じて歯医者に行ったところ歯周病と診断される方が多いですので、以下の中で1つでも当てはまる症状がある方は早めに歯科受診をおすすめします!

1:歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する

歯周病の典型的な症状が歯茎(歯肉)から出血することです。歯磨きしたときに歯ブラシに血が付いていたり、硬いものを噛んだときなどに食べ物に血が付いた、または歯茎から出血していたら要注意です

2:口臭がするようになった

口臭があるからといって歯周病とは限りませんが、ある日から口臭がきつくなったような場合は歯周病、または他の病気の可能性がありますので注意が必要です。

3:口の中がネバネバする

歯周病菌が唾液の中に多く含まれていると「ネバネバ」としますので、特に朝起床時に口の中がネバネバしたり、何か気持ち悪い場合は歯周病の可能性がありますので注意が必要です

4:歯茎(歯肉)が腫れいる

歯茎(歯肉)が腫れたり、ブヨブヨ柔らかくなっているのも歯周病の典型的な症状です。

5:歯茎(歯肉)が赤、紫色になった

健康的な人の歯茎(歯肉)はピンク色をしていますが、歯周病になるとまずは歯茎(歯肉)が赤色になり、さらに症状が進行すると赤紫と、徐々に歯茎(歯肉)の色が濃くなってくるのが特徴です。

6:歯茎などから膿(うみ)が出る

歯茎(歯肉)から出血すると歯周病の大きなサインですが、さらに症状が進行すると膿が溜まり、痛みを伴うようになります。もちろん歯医者で膿を出してもらえば一時的に痛みは治まりますが、歯周病を治さない限り膿は溜まり続けますので、やはり歯周病を完治させるしかないのです!

7:硬いものを噛むと痛い

歯周病になると歯を支えている周辺組織が侵されますので、硬い物を噛むと歯周組織が歯を支える事ができなくなるため、痛みを生じる事があります。

8:歯がグラグラする

歯自体は歯周病でなくても多少は動くもので、多少動く程度であれば気付かないのが普通ですが、歯周病になると歯周組織が侵され、骨、歯根膜などが溶かされて行きますのでより歯がグラグラしてきます。

9:歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)

歯周病になると歯周組織が侵され、歯肉が後退して行きますので歯が長くなったり、昔よりも出っ歯になった気がすることがあります。

10:歯と歯の間の隙間が大きくなり、物が挟まりやすくなっ

11:歯茎(歯肉)がムズ痒い

歯周病になると常に歯茎(歯肉)がムズ痒かったり、痛みが生じる事があります。

12:糖尿病にかかっている

糖尿病になるとさまざまな合併症が起こり、糖尿病は合併症が怖い病気だといわれていますが、糖尿病の方の多くは歯周病になっているというデータもありますので、糖尿病の方は歯周病も疑ったほうが良いかもしれません。

上記のように一口に歯周病といってもさまざまな症状があり、歯周病の方の多くが1つだけではなく複数の症状を抱えている事が多いので、上記の中で複数の症状が出ている方はもちろん、1つだけでも思い当たる症状がある場合はかなりの確立で歯周病の可能性が高いので、1日も早い歯科受診をおすすめします。

crea_05_1
庭に咲いたクレマチスの花です。

歯周病と全身との関係

こんにちは(^^)今回は歯周病と全身との関係・心筋梗塞についてお話します!

歯周病と全身の病気の関係

歯周病は細菌の感染症です。細菌が歯周組織に感染すれば歯周病となり、細菌が血液や唾液などに混じって全身に流れていけば歯周病以外の病気になる可能性があります。
近年では口の中の細菌である歯周病菌が原因で、全身のそのほかの病気に関係するとされています。

歯周病と心筋梗塞

重度の歯周病を患っていると心筋梗塞になるリスクが高まるという研究結果も
なぜ歯周病が心筋梗塞に関係するのでしょう?
歯周ポケットに歯周病菌がたまると、歯周病菌の毒素が歯茎を傷つけます。
傷の部分から歯周病菌が血管の中に侵入し、その一部は白血球の防御から逃れて血液に入ってしまい、また長年の喫煙や高カロリーの食事などによって動脈硬化気味の血管には、血栓が付着することで心筋梗塞に発展してしまうことがあります。

歯周病の対策には、ブラッシングによるお口の中の清掃により歯周病の原因であるプラークや歯周病菌を取り除くことが必要です。

歯周病は全身状態とも深い関係がありますので、歯周病と全身状態の両方をうまくコントロールしていくことも大切になってきます。

また歯周病と全身との関係について更新していく予定です!  お楽しみに(^^)/

歯周病と糖尿病

こんにちは、藤島です(^^)
もう年末ですね!1年が過ぎるのが本当に早い!(><;)

今回は以前お話させていただいた「歯周病と関係があると言われる全身的な病気」の中の「糖尿病」についてお話します(^^)ノ(前回のお話はこちら)

〈日本人の糖尿病〉
強く疑われる人=約890万人
可能性を否定できない人=約1320万人
合わせると2210万人と推定されます(平成19年 国民健康・栄養調査より)

〈歯周病は糖尿病の合併症の一つ〉
歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。
実際、糖尿病の方そうでない方比べて歯肉炎や歯周病にかかっている方多いという疫学調査が複数報告されているそうです。
さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と歯周病は相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。
歯周治療で糖尿病の数値も改善することも分かってきています。

〈糖尿病と歯周病の悪循環〉
糖尿病で血糖のコントロールがうまくいっていない方は、細菌に対する抵抗力の低下や血液の循環が悪いために歯周病が悪化しやすくなります。
反対に歯周病が悪化すると、血糖値を下げる作用のあるインスリンの働きを悪くする物質が体内に増えて糖尿病の血糖コントロールがうまくいかなくなるという悪循環が生じます。
ですから、糖尿病のお持ちの方で歯周病を患っている場合は、両者を並行して治療して「好循環」を作り出すことが大切になります。

〈全身の健康に対して歯科が出来ること〉
歯周病の炎症が全身に多くの影響を与えることは昨今の研究で明らかになってきています。歯周病も糖尿病も生活習慣病ですから互いに深い関係があって不思議ではありません。毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を予防することにつながります。
私たちは、口腔内の変化を見る事の出来るプロです。
口腔ケアも自分一人できちんと行うのは難しいですよね。
定期的に受診し、生活習慣病も含めたケアを受ける事をおすすめします。

歯周病と全身の関係

こんにちは。 藤島 浩子です。

10月だというのにまだまだ蒸し暑い日が続いていますね(・・;)
今回は、「歯周病と全身の関係」についてお話させてもらいます(^^)
まず歯周病でよくみられる症状をあげてみました!

■歯周病によくみられる症状■

・歯茎が腫れる
・歯茎から血が出る
・歯茎から膿が出る
・歯茎がむずがゆいような感じがする
・口臭がする
・歯がぐらつく
・以前より歯の長さが長くなったように見える
・お口の中がねばつく

1日歯を磨かなかったりすると、歯の表面がざらざらすると思いますが、それが歯周病の原因となる
細菌の塊である、プラークです。
プラークには、ほんの少し耳かきですくったくらいの量の中に何十億もの細菌が存在します。
歯周病が進行すればするほどお口の中の細菌の数は増加し、常にお口の中が炎症状態になります。

炎症が起こっているところは、血管が増殖するため赤く腫れ、少しの刺激で出血しやすくなります。
出血しやすくなるということは、そこからお口の中の細菌が血管に入り込み、全身にめぐりやすくなる
ということです。

たとえ歯周病がお口の中の病気だとしても、全身的にあまり良い影響を与えないという事になります。

■歯周病と関係があると言われる全身的な病気■

・糖尿病
・感染性心内膜炎
・誤嚥性肺炎
・骨粗しょう症
・低体重児出産

■全身の健康に歯科が出来ること■

歯肉の炎症が全身に多くの影響を与えることは昨今の研究で明らかになってきています。
歯周病も糖尿病も生活習慣病ですから互いに深い関係があっても不思議ではありません。
毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を
予防することにつながります。

お口の中の健康の為にも、全身的な健康の為にも来院されて
まずは歯の磨き方からチェックされてみて下さい(^^)/