カテゴリー別アーカイブ: 私が○○になった理由

私が衛生士になったきっかけ

初めまして、衛生士のShimaです。

皆さんは歯科衛生士という職業をご存知ですか?
歯科医院でドクターの診療補助や予防処置を主の仕事です。
当医院では、特に患者様とよくお話をします。患者様から学ぶ事も多くて毎日が楽しいですよ!

ところで今回、私が衛生士になったきっかけを少しお話します。

幼い時は、「私、看護婦さんになる!」と言っていました。その頃から医療に関心はあったようです。
高校に入り理数系が好きでクラスも自然と理系を選択しました。進路選択で検査技師等も興味がありましたが、実は、叔母3人が歯科衛生士で、幼稚園の時に、長崎の叔母が勤務している歯科医院に遊びに行った事がありました。治療を受けたこともなかったので初めて治療器具や機械を目にしました。わ~これは何だろう?どうやるんだろう?ここ面白い!!治療経験もなかったので大きな興味を持ちました。
もしかしたら、私の歯科衛生士の目が出た瞬間かもしれません。

大学受験時、姉も大学生だったので親に負担を出来るだけかけたくないないと親孝行のつもりで2年生の専門学校を選択しました。
幼稚園時の「ここ面白い!」これが私のきかっけのように思います。
「ここ面白い!」この興味関心はとても大切ですね。

私が歯科医師になった理由

こんにちは。クレア歯科医院の林です。
すっかり秋めいてまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は私が歯科医師になった理由をお話させていただきたいと思います。

いくつかの理由がありますが、まずひとつめは歯科医師であった私の父が、歯科の仕事にとてもやり甲斐を感じていた姿をずっとみていたことにあると思います。

ふたつめは、私自身が歯で苦労した経験があるということです。
それは、私が小学6年生だった時のこと、当時おてんばだった私は転んで永久歯の前歯を折ってしまいました。
それから治療の関係上、数年ほど多感な時期を前歯が折れたまま生活することになりました。そのときはにっこり笑うこともできず、人の目を見て話すこともできなくなっていました。
それから、治療がおわり前歯に冠が入ったときの喜びは大変大きく、私の性格も元の明るいものに戻っていったような気がします。

前歯ひとつで人の性格まで変わってしまう…歯科医師になった今はそのような経験ができてよかったと思います。

来院される患者さまの中にはもっと深刻な歯の悩みを抱えた方もいらっしゃいます。そんな様々な悩みを抱えた患者さまの心に少しでも寄り添えるよう、努力していきたいと考えております。

 

私が歯科医師になった理由

はじめまして、山本大吾です。

福岡県福岡市出身の35歳です。

私が歯科医師になったのは歯科医師である父の影響です。

父は福岡で30歳で歯科医院を開院し、今も64歳で現役を続けています。私が小さい頃、診療室によく遊びに行っており、診療後に父が粉と液を混ぜて固まるプラスチックのような歯科材料でサイコロをつくってくれ、嬉しい気持ちになったことをよく憶えています。

その影響からか、小学校の卒業文集に「ぼくはお父さんのような歯医者さんになりたいです」と書くまでになっていました。

高校卒業後は迷いなく歯学部に入学し(ニ浪しましたが 笑)、大学卒業後、大学院を経て歯科医師として診療に従事しています。

歯科は楽しく食事をしたり、笑顔で話したり、日常を快適に健康に過ごす土台をつくる分野です。虫歯の治療、神経の治療、義歯、審美、矯正、インプラント、歯の移植・再植等、多岐に渡る技術・知識が求められますが、やりがいのある職業です。今後も研鑽し、みなさんに貢献できるよう努力していきたいと思います。