カテゴリー別アーカイブ: 訪問診療

高齢者の歯周病とメインテナンス

こんにちは! みなさーん!!お元気ですか~

クレア歯科の花壇は只今花盛り~、我が家の花壇にも大輪の薔薇が咲いてくれました。
お花はいいですね!眺めているだけで心を癒してくれますね。

今回は「高齢者の歯周病とメインテナンスについて」です。

以前にもお伝えしましたように 超高齢社会まっただ中の現在、高齢になっても出来るだけ自分の歯で、食べたい物を美味しく食べていくことを目標に日本歯科医師会では“8020運動”を推進しています。
その結果、80歳で20本以上の歯が残っている人の割合は、平成23(2011)年歯科疾患実態調査において38,3%と以前の調査よりも高い割合を示しています。
その反面、残った歯に対して歯周病が増えるという、残念な結果も出ています。

*高齢者と歯周病*

歯周病の進行には、様々な全身疾患やそれに伴う後遺症で障害をもつことや薬の服用による影響も関係しています。

加齢による
・唾液量低下
・口腔内感覚低下
・舌の運動低下による自浄作用の低下
により、歯周病の原因となるプラークの蓄積が多くなります。
また、各臓器、免疫の機能低下が生じ、生体防御力の低下も起こります。
さらに筋力の衰えや運動機能の低下等により、歯磨き自体が困難になるため、歯周病が進行しやすくなります。

*高齢者とメインテナンス*

メインテナンスは、年齢に関係なく継続することが必要です。
セルフケア(家庭でのケア)とプロフェッショナルケア(歯科医院でのケア)により口腔内環境の維持をはかっていきます。
上記にお伝えしましたように、高齢期になるとご家庭でのケアが十分に行えない環境となってきますので、健康的な口腔内維持にはプロフェッショナルケアがより重要となります。

おひとりおひとりのお口の中の状態と、全身の健康状態を診査して
メインテナンスの期間や内容をご相談させて頂きます。

来院が難しくなった場合には、往診も行っておりますので是非ご相談ください。
お待ちしております。

untitled     untitled
   “我が家の情熱薔薇たち”                   “クレアのかわいい花壇“

総義歯が合わない間でもおいしく食べるには

こんにちは。歯科医師の山本です。

日中は汗ばむ陽気になってきましたね。

今回のテーマは「総義歯が合わない間でもおいしく食べるには」です。

構造上、上の総義歯は前歯の部分に力が加わるとはずれてしまうことがあります。食べるとはずれるのは、前歯だけで一口目を噛んだとき、一口の量が大きすぎるときなどが考えられます。一口目を犬歯より後ろの歯で噛んだり、小さく切ったりするとよいでしょう。

義歯が合わない間の食事の注意点をいくつかあげてみましょう。

①   噛むと痛いときの食事の注意

義歯をつけて噛むと痛むときには、はぐきの粘膜を傷つけないように軟らかく調理しましょう。主食となるごはん、パン、めん類は食べやすい食品です。タンパク質食品である卵、二度挽きした肉、はんぺんのような魚練り製品、豆腐などを上手に使います。野菜はくたくた煮のような食べやすい調理のレパートリーを増やして、バランスのよい食事を心がけましょう。

②   義歯性口内炎があるときの注意

炎症部位に刺激を与えないように、塩辛いもの、酸味、熱すぎるものを控えてください。口内炎の原因となる義歯をできるだけ早く調整し直すことと、口腔内をできるだけ清潔に保つために食後のはみがきが大切です。このとき、必ず義歯をはずして、義歯と口腔内をていねいに清掃してください。

口の中が汚れたままだとカンジダ菌が増え、ますます口内炎が悪化し、ときには肺炎を起こすことがあります。

③   軟らかい食事に慣れてしまわないために

軟らかい食事に慣れると、噛むことがおっくうになりがちです。特に高齢の方ほどこの傾向が強くなります。おいしく食べるためには、歯触りなどの食感を味わってしっかり噛むことが必要です。「お年寄りだから硬いものは食べられなくても仕方ない」というあきらめの気持ちを一度持ってしまうと、生活全般が消極的になってしまいます。そうならないために、義歯が合わなくなったらすぐに、よく噛める、ご自分にあった義歯に調整するか、つくり直すかが何よりも大切です。

「食べる」ということ

こんにちは! 春爛漫ぽかぽか陽気ですね!

crea_03_4

お弁当持ってでドライブ日和、美味しい空気にニコニコ笑顔。いつもと同じおむすびなのに、とても美味しい、、て感じですよね

さてさて、「食べる」という行為は、普段、意識することなく行っていすまが、実はとっても複雑な動作なんです。

超高齢社会まっただ中の現在、高齢になっても出来るだけ自分の歯で食べたい物を美味しく食べていくことを目標に“8020運動”遂行中です。

食べるという行為にとって「歯」はとても大切ですが、大事なのはそれだけではありません。
食べることは、様々な感覚器官と運動器官が関っています。

高齢になるとそれぞれの器官に加齢現象として多くの症状が現れます。

・唾液分泌能の低下
・塩味、苦味の閾値上昇
・食塊形成能力(咀嚼能力)の低下
・安静時の喉頭下垂
・嚥下―呼吸協調性の低下
・咳嗽反射の低下
・認知機能の低下
・気づかれない疾患の存在
など・・

好きなものを食べたい時に食べられるような健康な生活を送って頂けるように、
スタッフ一同心より願っております。

crea_03_3

定期的な口腔検診・クリーニングで いつまでも元気!元気!で過ごしましょう!!

クレア歯科では唾液検査なども行っております。お気軽にお声かけください。

crea_03_2

義歯とインプラント「プロフェッショナル」

お久しぶりです、歯科医師の山本です。

先日夜中の外気温が「—1度」で氷点下になっていて驚きました。
みなさんカゼなどひかれませんように!

さて、前回に引き続き、今回も義歯のお話です。(前回のお話はこちら)

義歯は本来、失ったものを補い、日常生活を楽しむための「口腔機能審美回復装置」であり、道具です。
うまく使えば、快適に生活ができる、よい義歯であれば痛くなく、十分に噛むことができます。
義歯が道具であるからには、プロ野球選手がバットやグローブを使いこなすように、義歯にも道具としての付き合い方があります。

どうしたら、「義歯使いのプロフェッショナル」になれるのでしょうか?

◎  義歯使いのプロフェッショナルになるためには?

〈義歯は装着してからがはじまり〉
義歯は完成して、お口に装着してからが本番です。装着からしばらくは、調整期間が必要です。また、長期間使用すると、人工歯がすり減ったり、お口の中の状態も変化してきますので、定期的(半年に一度くらい)に歯科医院を訪れ、歯科医院と二人三脚で調整していくことが大切です。

〈義歯を使うための調整も必要〉
いきなり大きい食べ物、硬い食べ物をガブッといくのは好ましくありません。装着直後は、軟らかい食べ物、小さい食べ物からはじめてみましょう。
発音しにくい音があれば、音読をするなどの練習も有効です。

〈お手入れが必要なことを忘れない〉
毎日キレイに義歯の清掃をすることがとても重要です。少しでも痛みや違和感などがあれば歯科医院に相談しましょう。ご自分で判断するのは危険です。

適正な噛み合わせ、適正な人工歯の選択などにより、歯科医師や歯科技工士が個人に合った義歯を製作できれば、噛む楽しさ、おしゃべりする楽しさを感じ、顔貌もよくなり、たくさん笑えるようになるはずです。
健康美や機能美を回復する健全な義歯は、生活の質の向上や若さを保つために必要なものです。

口と舌のストレッチング

こんにちは!クレア歯科医院のブログをご覧いただきありがとうございます。
崎本です(・v・)

寒さに耐えられず、室内から外出できない毎日です。
冬といえば!イルミネーションもとても綺麗な季節ですね♪
今年こそは、イルミネーションを見に出向きたいと思います。
毎年、行きたいな~で終わってしまっているので...

今回のテーマは「口と舌のストレッチング」です。
「噛みしめ」「歯ぎしり」は口腔内、全身へ障害を及ぼす可能性があります。

1.歯への障害
歯の磨耗、歯の破折、歯がしみる

2.歯周組織への障害
歯ぐきがさがる、歯周病

3.顎関節への障害
顎関節、開口障害

4.全身への障害
頭痛、肩こり、腰痛

以上の項目があります。

そこで、少しでも「噛みしめ」「歯ぎしり」を解消させるためにストレッチングです。

クレア12.10

リラックスをしている入浴中や、ハミガキをした後に鏡をみながらすると、
より効果的にできるとおもいます。
ぜひ、今からレッツ!ストッレンチング!!

義歯とインプラント

こんにちは、歯科医師の山本です。
先日、初めて平山温泉に行って来ました。
夜の空気がとても澄んでいて、露天風呂から眺める星々が驚くほど光輝いて感激でした。

今回のお話は「義歯(部分入れ歯)とインプラント」についてです。

歯が何本かなくなった場合、何らかの方法で人工の歯を入れないといけなくなります。
もし歯が抜けたままにしておくと、残った健康な歯が動いて傾いたり、延びたりしてしまって、
かみ合わせがわるくなってしまう場合もあります。

抜けた部分を補う治療として義歯(部分入れ歯)、ブリッジ、インプラントなどがありますが、
今回は義歯とインプラントについて述べていきます。

インプラントとは、チタンでできたボルト状の人工歯根のことです。
このインプラントを歯がない部分の顎の骨に入れ、2~6か月後、周囲の骨と生体結合を起こしたのを確認して、その上に人工の歯をしっかりと固定します。
装着や着脱のわずらわしさがなく、しかも動かない自分の歯のようにかめる素晴らしい治療です。
その反面、比較的治療期間が長いことや、手術を受けなくてはならない、などのデメリットもあります。

義歯(部分入れ歯)には、歯にかける鉤(かぎ)があり、失った歯の本数や位置によって義歯の形や大きさが違ってきます。入れた当初は違和感があったり、しゃべりにくかったりしますが、ほとんどの方が次第に慣れてきます。

義歯には、実はいろいろな種類があります。理想的な義歯に求められる条件をあげてみましょう。

①よくかめて、外れない
②自分の歯に負担をかけない
③装着感がよい
④長持ちする
⑤審美的で、見た目がよい

通常の義歯では、鉤(かぎ)という義歯を維持するための歯に引っ掛ける針金のようなものがあります。
この鉤が場合によっては、歯に負担をかけたり、見た目をわるくしたりと問題を残すことがあります。
それを解決する方法として、鉤をなくすなどの様々な工夫を施した、コーヌスクローネ義歯、アタッチメント義歯、マグネット義歯などがあります。

義歯は、みなさんが毎日おいしく食事をし、健康的で豊かな生活を送るために必要な体の一部です。ご自分の希望にあった義歯を歯科医院でよく説明してもらい、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で選びましょう。